2017年9月23日土曜日

クラフツーリズモ無事に終わりました

クラフツーリズモ無事に終わりました。私の工房には5.4.4人の3グループが交代でいらっしゃいました。

今朝は緊張でお腹が痛かったのですが、始まってしまえば少人数ならではの温かい雰囲気で、私もすっかり楽しんでしまいました。

うちにいらしたコースの皆さまは、香炉のつまみのお獅子を事前に配られています。そのお獅子に、うちでは銀の象嵌を施してもらいましたよ。

職人、作家の仕事の話を聞きつつ、高岡の分業制を体感してもらおう!というコースなので!
お獅子はその他に、着色や研磨の職人に渡ります。仕上がりはもう、私が欲しいくらい!

ツーリズモの後は、ツアー参加者だけの特別な工場パーティを開催!能作さんの新社屋をライトアップして行われました。DJブースもあり、とってもかっこいい仕上がりに。
子供と離れて朝から晩まで一人きりだったのは久しぶりでした。

ヘトヘトで帰宅した家に、バッタが脱衣所で「お帰り〜」。

バッタが壁に張り付いてるぅ〜!( ;´Д`)!

1騒動でした。
ヘトヘトです…

2017年9月22日金曜日

高岡クラフツーリズモ

今日から高岡クラフト市場街がはじまりました!
うちの工房は、明日行われますクラフツーリズモの受け入れ先になっています。

職人さんなど、物作りに携わる会社、工場、工房に赴き、見学していただくという内容です。

工房の片付けと共に、明日使う銀線を作っていました。

銀の板を切り線を作ります。

これは線引き板と言いまして、この穴に金属線を落とすことで希望の太さの線を作ることができる道具です。
徐々に穴の大きさが小さくなっています。
こちら側から入れて↑

こちら側から引き抜きます。↑
ジョウゴのような形の穴になっています。

高岡駅周辺の街ではたくさんのイベントが行われています!
お天気も良さそうですので、是非高岡へお越しください!

2017年9月5日火曜日

工房の片付け

昨年引越しをした工房は、その時のまま、当然散らかっています。
せっせと片付けをしていると、昨年作った木の壁に光るものが。
松ヤニが溜まってました。色も形も美しい^ ^
カットされてかなり経つのに、松ヤニって流れ出てくるんですね。

そして先日父に手伝ってもらい、棚を二つこしらえました。
今月23日にはお客様がいらっしゃるので、なんとかそれまでには工房を整備しておきたいところ。
そう思い、子供を思い切って保育園の一時預かりに申し込んでみました。
が、預けて3日目。早速電話がかかってきて「お熱が…」とのこと。すぐ迎えに行きました。
噂ではこういう話をよく聞いていたけれど、ほんとなんですね( ;´Д`)

突発性発疹でした。
熱の割に物凄元気で、発疹もほとんど出ず。軽く済んで良かったです。

保育園に預けてから、娘の成長がさらにハッキリ感じられるようになりました。
刺激されるのでしょうか。
母としては、娘の成長は全て私と関わり合うところで起きて欲しいと思ったりして。
いつまでも私に頼ってくれると嬉しいなぁ、と思うのでした。
(あ、私は今もですわ。父さんありがとう!)

2017年7月1日土曜日

クリエイターズスタジオ in 澪工房

今日より澪工房さんで始まるクリエイターズスタジオに、昨年の高岡クラフトコンペで特別賞をいただいた「水の輪」を展示いたします。
澪工房
札幌市白石区東札幌2条4丁目8-18
10:00-18:00
展示は今日明日の二日間です。
会期中、札幌市お高岡市のクリエイター達が作業工程や製作の裏側を紹介。

憧れの地、北海道。
本当は私も作品に便乗して連れて行ってほしかった!
いつかは展示で行きたいです。

そんな会期初日。
富山では娘をおんぶして近所を散歩してました。先ほどまで大雨で、全く外に出れず。
晴れ間に出てみると、大粒の雨を避けていた同士が!
娘をおんぶしてゆっくり歩く私と似ています笑

娘と芝生

梅雨真っ盛り。
湿度がとても高くて、娘は汗をじっとりかいていました。
除湿機と扇風機を使って快適に過ごしたいものですね。

最近、つかまり立ちをするようになった娘は、不安定なものでも構わずつかんで引っ張ってしまいます。扇風機もしかり。
指を突っ込んだら大変!とカバーを買ってきました。
これって…
何十年たっても変わらないんですね笑昭和を感じて好きです。

雨の合間の晴れた日、活発な娘を連れてクロスランド小矢部へ行ってきました。
広い芝生を二人じめ!
娘は芝生がお嫌いなようで、手に触れては不快そうな表情を浮かべていました笑
ほとんどシートから出ませんでした。
唯一出た時は、ハイハイで私に向かってくる時でした。
でも手を出して芝生に触れては引っ込めを何度も繰り返し、ムスッとしたまま来てくれました笑
笑ってはいけないと思いつつ、爆笑してしまいました😄

2017年6月7日水曜日

箱書き

約一カ月前、箱書きをすることになり、今日ようやく書きました。

その間には箱を注文したり、下準備なとしていたので間があいてしまったのですが、一週間ほどは納品された桐箱を横目に見つつ、見えないふりをするという生活を送っていました。

箱書き。

とっても苦手なのです。とにかく緊張してしまうのです。
せっかく私の作品を気に入ってご購入していただいたのに、私が箱書きすることで質を下げてしまう気がして。

とにかく下手くそなんです。
字も、そのバランスも。
でもそんなこと言ってもいられないので、なんども練習し、心を込めて書きました( ;´Д`)
温かい目で見ていただけることを願います。

海外へ行った後、毎度「英語を今度こそ勉強しよう!」と思うのと同じくらい、箱書きした後は「今度こそ毎日少しでいいから筆を握ろう!」と思う私なのでした。

2017年6月3日土曜日

市民大学 二回目の講座おわりました

五月から始まった、市民大学。
五回のうち、二回目の講座おわりました。

初回はとにかく緊張してしまい、自己紹介で言いたかったことの10分の1も言えませんでした。課題の説明も何を説明したか、ちゃんと伝わったのか…とにかく緊張してしまい、それすらもよくわからない状態でした(^◇^;)

ふわっふわでした…

二回目は生徒さんの雰囲気もつかめ、実習に入っていたので落ち着いてできたと思っています。
初回が終わって、木鏨(きたがね)があったらいいなーと思い、今回は作って持って行きました。
金槌の柄を10等分して丸く削ります。

これは銅の板を打ち出すのに使います。
作業は娘の昼寝の合間に行うので、工房には行けず自宅でゴリゴリ。
当然作業台もないので、床に2×4の角材を置き、その上に右足を乗せて角材を全力で抑えて台にし削りました。全力立膝の状態です。
娘の昼寝は1時間半程なので、1時間集中して行いました。
が。
1時間後、立ってみると乗せていた右足のアキレス腱が伸びてしまったのか、歩くとガクガクッ…笑

金槌の柄は堅い木を使っているので削るのも一苦労です。
(だから木鏨にもってこいなのですが。)

講座では生徒の皆さんに好評だったようで、作った甲斐がありました!

人前で話す機会が全くないので、いい勉強になります。もっと伝わりやすい話し方ができるよう頑張りたいと思います。