2019年10月8日火曜日

ピニャータと秋田の展示と精密鋳造

娘の誕生日にピニャータを作ってみました。
誕生日になんかイベント的なことしたいなーと思いつきまして。
海外の子供がパーティーの時に、くす玉みたいなものを棒で叩いて、割れ目からお菓子がバラバラっと落ちてくるアレです。

新聞に小麦粉で作った糊を塗り、風船に貼っていきます。一晩乾かすとカリカリに乾いて、思ってた以上の強度が出ました^^

「さあ、色塗るぞ〜めでたい感じで赤にしよっと!」


と、安易に水彩で塗ったら・・・

水彩絵の具なので新聞の文字は当然透ける為、なんか不気味。
なんか安いお化け屋敷の飾りみたいなクオリティーのホラー感出てしまった・・・・

時間もないし、アクリル絵の具ないし、スプレーも今ないし・・・
折り紙でごまかそう・・・
ハートや星、花を作って貼ってごまかす。
くっ。風船欲張って大きく膨らましたのが仇となって、折り紙足りないじゃん。
あ、ダンボールで数字作って・・・・

むむむ、これでなんとか汗

あ!
新聞裂けてきてる〜!!
早く完成させようとストーブ使ったから、風船の空気膨張したん!?
まあ、いい。
3歳なりたてにはこれくらいのハンデあってもいいやろ^^;

と、なんか行き当たりばったりでしたが完成。

色は補正してちょっと誤魔化してます(笑)
娘、叩いたりする遊びはなかなかする機会がないので、それなりに楽しんでました^^
でも案の定、非力な3歳なりたて児には難しかったらしく、割れませんでした。

また来年挑戦しよう!!
私も品質アップに挑戦です笑

さてさて、秋田での展示は今日からです。
リアクションが少しでもいただけたら嬉しいな〜^^

そういえば、今年一年は精密鋳造のスクールに通っています。と言っても前半はまったく行けてなくて、後期からの参加になるのですが。
普段、石膏にロウを流し込み、原型を制作して鋳込むのは何度もしてますが、この製法はある程度の厚みが必要です。
今習っている精密鋳造は、アクセサリーに使われるような技法で、より細かく、薄く作ることができます。
後期の残り少ない参加ではありますが、いろいろロウ原型で遊んで試して見たいと思います^^

2019年10月4日金曜日

秋田市で開催されます、アーツアーツ2019展に参加します。
秋田公立美術工芸短期大学(現秋田美大)を修了して初めての秋田市内での展示となります。
本当なら体ごと行きたいのですが、今回は作品だけの秋田入りです。
作品は蚊遣りや文鎮など数点と、ハリネズミスツールの親子が並びます。
■「アーツアーツ2019展」
会期 2019年10月9日(水)~14日(月・祝)
会場 アトリオン 2F美術展示ホール 秋田市中通
https://common3.pref.akita.lg.jp/bunka/detail.html…
よろしくお願いします。





あ〜私も一緒に秋田に行きたいです!!
懐かしい景色、懐かしい友達、先輩と杯を酌み交わしたかった・・・
先生方にもお会いしたかったな〜

2019年5月28日火曜日

ハリネズミスツール(Hedgehog stool)のご紹介

新作「ハリネズミスツール」(Hedgehog stool)のご紹介です。





今回、過去にデザインした苔器「ハリネズミ」をリデザインし、スツールに仕上げました。従来の「ハリネズミ」のデザインを踏襲しつつ、より愛らしい顔に仕上げました。鋳物の着色には漆の焼き付けを施し、鋳物ならではの上品な質感にこだわりました。座面は圧縮ウレタンで成形し、その上に綿を一層被せ、座った時に硬すぎず柔らかすぎない座り心地を目指しました。
昨年、砺波市にあります砺波工業株式会社様より「新社屋1階ギャラリーに、苔器ハリネズミを椅子にしたものが欲しい」とオーダーをいただきました。「1階のTONAMIギャラリーには、市民の方に気軽に立ち寄ってほしい。和やかな雰囲気にしたい。」とおっしゃっておられました。その想いは形となり、明るく開放的で本当に素晴らしいフロアが完成していました!ハリネズミスツールも親2匹・子3匹の5匹ファミリーが、愛嬌たっぷりの姿でお客様をお出迎えしています。
是非どなた様も座っていただきたいと思っています!
私の工房にも子ハリネズミスツールは一匹おります^^
*ハリネズミスツール
鋳造・仕上げ:株式会社梶原製作所
着色:有限会社色政
クッション:伊藤室内株式会社、kheir
パンフレット:平野との
カメラマン:オハコスタジオ
デザイン・原型制作:青木有理子
*苔器ハリネズミ
鋳造:株式会社能作
苔:品品
着色:有限会社色政
デザイン・原型制作:青木有理子
ギャラリーの吹き抜け壁面、受付背面のガラスウォールはアルベキ社山村さんが作られました。中でも受付の壁面はすごくかっこいいです!この度は共演させていただけて光栄でした!
今回の制作を通して改めて「富山のものづくりてやっぱすごいな!」と思い、感謝の気持ちでいっぱいです。ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございました。
お問い合わせ先
*青木有理子
aokyourk@gmail.com
*砺波工業株式会社 http://www.tonamikogyo.co.jp/contact
砺波工業株式会社 新社屋
富山県砺波市中央町1−8
(クッションの生地はオーダー可)

2019年1月1日火曜日

2019 元旦

明けましておめでとうございます。
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

平成最後の元旦がやってきましたね。

富山県は久しぶりの白銀のお正月。今朝は青空が広がっていたため、初日の出がとても眩しい朝を迎えることができました。

そしておそらく(大人になって)初めての初売りに行ってきました!!
昨今の福袋は中身が見えるんですね!!福袋の横に中の一式がハンガーにかけられていたり。
これは消費者にはいいシステムですね。昔感じていたちょっと闇鍋的なドキドキ感はなくて変な感じしましたけど(笑)


結婚前は正月も関係なく原型作っていたもんです。
懐かしや。

今年は春から現場に本格復帰の予定です。
なまってしまった体がついていくか不安です・・・

やわやわやって行きまっしょい!!



2018年12月15日土曜日

ドメイン失効からHP復活しました!

ようやくようやくHPが復活しました!!

ドメインを失効し、買い戻し、HPを見れるようにするまで。。。
パソコン音痴な私にはかなりのストレスでした(^^;)


レジストラ(*1)
60日ロック??
ネームサーバ??!
Whois??!!
証コード(AuthCode)??!!


しくしくしく・・・・(なにそれ)


そもそもドメインの使用料を支払い損ねたらオークションにかけられるのも意味不明。
そこから理解に苦しみました。
買い戻せても、レジストラ社が海外の会社に決まったため、英文メールが次々と送られ・・・翻訳して、ネットで用語を調べ、設定して・・・


キリキリキリ・・・・(翻訳しても知らない用語が多いよ!やっている設定がそもそも合っているか分からないよ〜!)


もう一人ではお手上げになってきたため高岡にあります『はんぶんこ』さんに助けてもらいました・・・本当に感謝です。

あとは海外の会社から日本のレジストラに移管すれば元通りです!


もう次は使用料を払い損ねないようにします!!
皆様もお気をつけて。。。


(*1)
レジストラとは、(私の解釈ですが)ドメインを管理する大元(レジストリ)があって、そこと私たち個人を結んでくれる仲介業者、みたいなことだと思います。おそらく。



一年を振り返って(仕事のこと)

少し早いですが。
2018年を振り返ってみて・・・

仕事面ではいい年でした!
昔からしたかった大きな作品制作の仕事をいただけて、やってみて、とても勉強になりました。
完成はまだ先(来春)なので、まだまだ気は抜けません!
その大きな作品とは別に、新たな商品の試作にも取り掛かっています!試作試作の日々で失敗続きでしたが、なんとかなりそうです。希望が見えてきました。

市民大学の講師も二年目になり、楽しむ余裕も出てきました。来年も継続させていただけるとのことなので、新たな制作表現を取り入れてみたいと思っています。

そして来年一月から、仕事旅行社さんの『金工作家になる旅』を再開いたします!二年ぶりです。出産とともにお休みをさせていただいていましたが、最近は少しずつ仕事を再開していましたので、金工作家としてのお話をさせていただけるような環境になりつつあります^^

実は本当は。。。子育てで離れていた時期は子供のことしか考えていなくて、作家としての自分に自信が持てなくなっていました。それなのに『金工作家になる旅』としてお客様を受け入れていいのだろうか、とためらいがありました。
しかし、高岡の先輩に相談したところ「女性は子育てで仕事を離れなくてはいけない。そのリアルを話せばいいんじゃない?どう向き合っているか話せばいいと思う。」と言われました。

そしてそのあと、金沢市卯辰山工芸工房時代の友人の個展を見に行き、二人で飲んでたわいのない話をして盛り上がりました。
そして作るのがただ楽しかった頃を思い出しました。

そうなんですよね、作るのって楽しいのです!
もちろん、産みの苦しみや、作ることへの責任はつらく重いです。
でもやっぱり楽しいんですよ!!そしてそのことを語らえる相手がいるのは幸せなことですね。友人の語らいの相手であるためにも、作っていきたいです。



続けていきたいと改めて思った年末でした。

2018年11月19日月曜日

本日、市民大学二年目終了しました!

年10回の金属板加工の二年目が終了しました!(前期5回、後期5回)
今年も個性豊かな作品が完成しました。あっと驚かされる発想がたくさん。
今回はいつかのブログに書きましたように、最終日の授業の最後に作品を並べて、受講者の方にお互いの作品を見てもらいました。
授業は2時間が5回しかないため、かなり慌しいのです。ですのお互いゆっくり作品を見る時間がないんですね、講師である私も・・・。

作品を囲んでみていると自然と会話も生まれ、もしかしたら新たな作品のイメージも生まれたかもしれません。

今回は家で課題を進めてくださって授業に臨んでおられた方が多く、説明が後手になってしまったことが反省点でした。
来期は早め早めに!

とはいえ、あまり早い制作スピードにつられて焦ってしまう受講者の方がおられるのも事実・・・
フォロースキルも上げていきたいものです。


なんのせ、ものづくりって本当に楽しい。
授業の初めは緊張してしまうけど、手を動かしたり、イメージしたり、成果物を見せ合ったり。

今回作ったものを、家でこれからも使っていただけると最高ですね。




寒くなってきました。
みなさまご自愛ください。